スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とりあえず溜まってた返信だけでも

ゲームウインドウ表示倍率変更
↑ウインドウの枠を考慮していなかったのをなおしました。
【お返事とか】
> はじめまして、いつもHPの更新楽しみにしてます!
> 今回「ゲームウインドウ表示倍率変更」に凄い感動してしまいました。
> いままでだと、スクリプトをひとつひとつ書き換えないと出来なかった画面のサイズ変更が、
> このスクリプトだと好きな大きさに変更できますね!
> 是非コンフィグに追加して欲しいです!
解像度の変更とはまた別モノなんですが、この素材の予想外の反応の良さに驚きました。

> ウィンドウの拡大縮小の方はタイトルバーとウィンドウ枠まで込みでサイズが変更されるみたいです
> x1倍にしたら小さくなりました。。
直したよー

> はじめまして、こちらのサイト様のスクリプトには大変お世話になっております。
> いつも素敵なスクリプト、ありがとうございます^^
> TOPページが更新されてなかったので気がつきませんでしたが、
> 日記の方は更新されてたのですね。そして「ゲームウインドウ表示倍率変更」スクリプト!!!
> すっごく欲しかった物なので、感動です…お借りしていきますので、よろしくお願い致します^^
> もし余力がございましたら、コンフィングの項目に加えて頂けると私も嬉しいです。
> まだまだ自力で改造は上手くいかないので(涙)これからも頑張ってください^^
コンフィグに追加はちょっとしばらくは無理そうだけどきっとかわりに誰かがやってくれるんじゃないかなー

> 疑似3Dスクリプト不具合?
> 疑似3Dスクリプトをダウンロードさせていただいたんですが、
> イベントからトランジションを読み込みますと、トランジション中に右上に時計?みたいなのがでてきます。
> 確認した所、疑似3Dスクリプトがあるおかげで、でるっぽいんで報告しました^^
イベントコマンドにトランジションを呼び出すコマンドが見つかりません。
何らかのスクリプトを使ってるなら競合だと思うので頑張って直してくださいね。


> 3Dマップ・・・すごいけど3Dじゃないじゃ。
> ちょっとカメラが変わっただけじゃん。
> てっきりFF6でチョコボや飛行船に乗った時のようにカメラがRボタンとLボタンでまわるかと思った。
> ツクールでそれはやっぱ不可能だよね
言ってる事がイマイチよくわからないけど回ればいいのなら回せばいいだけだと思います。
細かい問題はあるけど、3D表示のベースは出来てるのでとりあえずは回す処理を追加してみればいいです。
私は必要だと感じないのでやりませんけど技術的には十分可能です、頑張ってくださいねー

横着なモノとか

シーンクラスを作ってていつも思うんだけど、ウインドウの管理って面倒くさいですよね。
ここで決定する前にもう一度プレイヤーに最終確認させたいなぁ・・・ってだけで
ウインドウ作成→active状態を切り替えとか→決定(キャンセル)ボタンが押された時の処理→、
またactive状態を切り替えとか→とりあえずまた使うかも。じゃあvisibleオフにしとくか。
あ、終了時に解放処理も入れて…っと
・・・みたいな。
面倒なのはしゃあないし、必要だからあるのも解ってるんだけど、やっぱめんどいwって事で、
こんなん作りました。

→自己完結型コマンドウインドウ←

呼び出すと自動的に他の処理は一時的に全部止めて選択状態に。決定とかキャンセルキーが押されると結果を変数に代入して勝手に解放されます。
要は条件を指定してnewしてやればあとの面倒な処理はぜんぶやってくれるっていう。
これでシーンクラス作るのが少しは楽になるかなー

あ、うpした奴はマップ用にカスタムしてあるのでマップで使って下さい。
5つ以上の選択肢が別ウインドウで使えたりとか、何かと便利かもしれません。
こういうのは他サイトさんに既存だけど構造は全く違うからいいでしょって事で。
私はシーンクラスでラクしたいだけだし。
それと先日、知人との話題でゲームの解像度を800とかに出来ないか?みたいな話があったんだけど、やっぱできませんでした。
何か方法はありそうなんだけど。。
ともあれ副産物でこんなん出来ました。

→ゲームウインドウ表示倍率変更←

ゲームウインドウを指定倍に表示できます。大きくしたり小さくしたり。
高解像度のモニタ使ってる人とかで、
「全画面はやだけど、ウインドウだと小さい」みたいな人向けかなー
コンフィグみたいなのに組み込んでプレイヤーが自分で倍率を変更できるようにするのが理想的な使い方。
私はコンフィグ素材出してるけど、気が向いたら入れますねー
前回cacaoさんに丸投げしたVXのバグなんだけど音速で修正されてました。(たぶん私が記事書いた当日?とか)
さすがというか、なんというか、とにかく精力的ですごいっす。乙です。
他にも素敵スクリプト素材とかツールとか、ためになる小話とか満載で更新もマメなので、VX使いの方はCACAO SOFT要チェックです。
【お返事】
>半生さん
その話の1割も理解できない私に丸投げだと…

毎度おなじみ生存報告

久々の更新です。
でもちょこちょこサイト外で出没はしてたので見かけた人はいたかも。
cacaoさんがVXデフォスクリプトの不具合を修正してらっしゃいます。つかこれすげーw
前に私が書いた記事のもなんとかなってるしw
先日たまたま見つけたデフォのジャンプの際の記述ミスをご報告させてもらったんだけど、他にも不具合を発見。
ループするマップでキャラクターをループの境目をまたいだジャンプをさせるとキャラが消えちゃうみたいですねー
13×17のマップで試してみたけど縦でも横でも消えてしまった><
ぱっと見で原因は特定できなかったけど(←するつもりもあまりない)きっとcacaoさんがなんとかしてくれるでしょう。…と丸投げしてみる。cacaoさんすいません;
そして恒例?の作ったモノとかのコーナー。

→疑似3Dスクリプト←
サンプルプロジェクト形式で。比較的軽めの動作で動きます。
こ、こんどは本物だよw

↓フィールドをこんな感じにします。
疑似3D

そして

→キーボードで文字入力スクリプト←

これもサンプルプロジェクト形式で。ゲーム中にキーボードでの文字入力を受付るようにします。
誰かこれでタイピングゲームとか作ってくれないかなー
本家DAIpageの方なんですが、不具合報告で溢れてて手に負えない&htmlの知識が無いに等しい&サーバーのパスがどっかいった…という三重苦なので更新がとてもおっくうな状況です。
更新を期待してたりとか、掲示板で返事を待ってる人とか放置して本当にすいません。
もしかしたら近いうちにいったんサイトの方は畳んで不具合が無くて需要のある素材だけを選りすぐって公開していく形式にするかもです。
【お返事】
>はじめまして半生と申します。
こっそりリンクを貼らせていただきました。よろしくお願いします。by 半生

リンクありがとうございますー。サイト拝見しました。
すごいクオリティの素材屋さんですねー。私がけっこう苦労して作ったキーボード入力スクリプトをdllを使っていとも簡単に実現してらっしゃるwくあw

>トップから拍手できないのを教えてくれた人
おおっとすいません><どおりで最近拍手が激減してるとおもっt
つかコレ、サイト開設時から何も触ってないから拍手サイトの方の仕様変更の時からなんだろうか
そのうち直しておきますーありがとう!

>掲示板で利用報告してくれている人
ちょっと今は時間がないので個々のお返事はまた後日。
はげみになってまーす。ありがとう~

>掲示板で不具合報告してくれている人
ちょっと今は時間がないので個々のお返事はまた後日。記事のような状況なので不具合の修正はしばらく後に。すいませんがお待ち下さい~

今年も残すところあと10ヶ月となりました

生きてますよっと

不具合修正とかもままならない状態(やる気がないだけとも言う)ですが
とりあえず恒例の作ったものとか。

→敵グループ合併←
敵を際限なく出現させられるように。
他サイトさんの戦闘画面演出系と併用するといろいろ面白いかも。

敵グループ合併
↑襲い掛かる40匹のスライム
ツクールDSの情報が次々と公開されているようですが
DSの新機能でRGSSで再現できそうなのがありますねー

デバッグ画面とかイベントログとかデカ文字とか。
スイッチの管理画面も素敵。

誰か作らないかなー
ネタ的には美味しいので誰も作らなくて要望があるようなら作るかも。
【お返事】
>そこの引数、Viewportオブジェクトみたいです。
>新しいビューポート割り当てられます。

おお天の声が!なるほど~
>不具合報告の方
ちょっと今修正にかけるモチベーションがないので気長に待ってくださいませ。
ごめんね!

RGSS2の怪

色々やろうとした時に「え??」ってなったRGSS2の仕様?バグ?みたいなの。




 【その1】Tilemapクラスのvisible
ヘルプのライブラリ(Tilemap→プロパティ)より抜粋
visible
タイルマップの可視状態です。真のとき可視になります。


ところがコレ、trueだろうがfalseにしようが可視状態がウンともスンとも言わないのです。常に見えっぱなし。

Spriteset_Mapの49行目に以下を記述
@tilemap.visible = false

本来コレでタイルマップは見えなくなる…ハズ!なのですけど、何の変化もありません…;;

@tilemap.visible = false
p @tilemap.visible

試しにこんな風にしてみるとしっかりfalseは返ってくるんだけどねー
まー実際Tilemapを一時的に消してごにょごにょとかする私みたいな人はそうそういないだろーし、いたとしても いったん開放→再作成 でほぼ同じ表現はできるので実用レベルでは何の問題もないんだけれど。

【その2】Planeクラスのviewport
ヘルプのライブラリ(Plane→プロパティ)より抜粋
viewport (RGSS2)
プレーンが関連付けられているビューポート (Viewport) への参照です。

ところがコレ、いざ参照しようとすると謎のArgumentErrorが発生します。

以下のようなスクリプトをイベントコマンド:スクリプトで(どこでもいい)ので実行。
v = Viewport.new(0, 0, 544, 416)
pl = Plane.new(v)
pl.bitmap = Cache.system("Window")

画面いっぱいにウィンドウスキンが表示されますねーw

さらに以下のように追加して実行。
v = Viewport.new(0, 0, 544, 416)
pl = Plane.new(v)
pl.bitmap = Cache.system("Window")
p pl.viewport

本来なら一行目で作成したviewportオブジェクトが返ってくるはずなのですが…

スクリプト実行中に ArgumentError が発生しました。
wrong number of arguments(0 for 1)


引数がおかしい時に発生するエラーなんだけど、viewportを参照するのに引数が必要とはいったい??
試しにp pl.viewport(1)みたいに適当にやってみたけど今度はTypeErrorを吐くなーw
なんにせよ普通の方法じゃ参照はできないようです。
まー実際PlaneのViewportをちょこちょこいじって××とかする私みたいな人はそうそういないだろーし、いたとしても最初に作成したViewportを直接変更すれば同じよーなことはできるので実用レベルでは何の問題もないんだけれど・・・。
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。